安く飛行機に乗るために注目すべき点

真っ直ぐ伸びる飛行機雲

安く飛行機に乗るために注目すべき点

旅行の際にコストの多くを占めるのが移動費用ですよね。
特に飛行機を利用するとなるとかなりの出費となるので、できれば航空券代を抑えて旅先でおいしいものを食べたりホテルのグレードを上げたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。
そのために、いろいろな手段で格安航空券を手に入れようとしている人がたくさんいます。

LCCや早期割引を利用する

SALEと書かれたシール
安く飛行機に乗る手段としては、4つ挙げられます。
まず、近年利用者の増えているLCCを利用することです。
LCCは徹底した合理的サービスの追及によって無駄を排除し、その分を航空運賃として安く提供しています。
したがってJALやANAなどの一般の航空会社よりもかなり安く利用することが可能です。
通常でも大きな金額差があるのですが、しばしば実施する「キャンペーン」を利用すれば、バス代よりも安く飛行機に乗れることも少なくありません。


次は「早期予約購入割引」で購入するものです。
JALやANAなどでは搭乗日に対して早めに予約・購入することで通常運賃より大幅な割引が受けられるサービスを提供しています。
路線や期間などによって異なりますが、基本的に早く購入すればするほど高い割引率となります。
中には通常運賃の80パーセント以上の割引をするケースもありますし、2カ月前と3日前とでは数千円から1万円ほどの違いがあることもあります。
割引情報は定期的に更新されますので、インターネット環境があれば航空会社のサイトにアクセスしてみるのも有効的です。

時期や時間帯、曜日にも注目しよう

利用する飛行機の時期や時間帯、曜日によっても安く航空券が買えます。
飛行機運賃は時期によって変動しており、利用の多い時期は高く少ない時期は安く設定している傾向があります。
したがって繁忙期である年末年始やゴールデンウィーク、お盆といった時期を避けることをおすすめします。
安くなる時期は、正月明けから2月に掛けてや4月上旬から中旬、ゴールデンウィーク明けから6月、そして10月といった頃なので、日程さえ許せばこの時期に旅行の計画をするとお安く飛行機に乗れます。

狙い目の時間帯は、昼から夕方です。
多くの人が出発する朝は高めの料金設定となっていますが、昼から夕方は割安になっており、便によっては5,000〜10,000円ほどの差があることもあります。

そしてやはり週末よりも平日に利用するほうがお得な料金設定となっています。
平日といっても金曜日はさほど割安ではないのですが、月〜木曜日の間なら土曜日出発の半額程度で利用できるケースも珍しくありません。

このように利用する航空会社、日程や時期、時間などを考慮するだけで、格安航空券が手に入ったりお得に飛行機に乗ることができるのです。
ぜひ飛行機を利用する際には参考にしてみてください。

  ← 前の記事: