安く飛行機を利用するならやっぱりLCC

真っ直ぐ伸びる飛行機雲

安く飛行機を利用するならやっぱりLCC

仕事や旅行で飛行機を使う際に、やっぱり運賃は安いほうがいいですよね。
旅行なら安い分現地でおいしいものを食べたりホテルをランクアップできるかもしれませんし、出張だとしても最近では経費削減を言われることも多いですからね。

安いけれども注意点も少なくない

デフォルメの飛行機
飛行機代を抑えるためにあちこち格安航空券を探して手に入れている人もたくさんいますが、最近はLCCを利用する人が増えています。
LCCはLow Cost Carrierの略称で、効率的な運営を行なうことで低価格運賃の運行サービスを提供する格安航空会社のことをいいます。
大手の航空会社の運賃と比較してかなり割安な金額となっている点が人気で、利用者数を急増させているのです。
ただし運賃が安い分いろいろな規制や規約が多いので、利用する際には注意が必要です。

LCCはこんな点に注意

まず注目すべき点は、LCCのチェックインはオンラインで行なわれるという点です。
通常は空港のチェックインカウンターで行なわれる搭乗手続きは、ほとんどのLCCにおいては公式サイトからのオンラインチェックインとなっています。
これはカウンター業務の軽減及びスタッフの削減が主な目的です。
航空券の予約・購入は電話やカウンターでもできますが手数料などが掛かるので、お金の掛からないオンラインで行なうほうがおすすめです。
次に、荷物の重量制限が細かく且つ厳密であることです。
航空会社によって異なりますが、機内持ち込みの荷物の重さは7〜10キロというところが多くみられます。
この範囲内で収まっていれば問題はありませんが、1グラムでもオーバーすると非常に高額な追加料金を取られることは覚えておくべきでしょう。
せっかく安くチケットが買えたのに、その分が打ち消しになるほどといったケースも珍しくありません。
また機内預け荷物はすべて有料というところも少なくないので、荷物に関しては十分注意をしたほうがいいでしょう。
また、LCCはさまざまなものがオプション扱いになっています。
そのひとつが機内食やドリンクサービスです。
一般の航空会社であればウエルカムドリンクとスナックは当然のこと、路線や時間によっては機内食もサービスされますが、LCCではそれらはすべて有料です。
映画やゲームといったエンターテイメントもありませんし、毛布の貸し出しも原則的には行なっていません。

それでもやっぱりLCCはお得

その他、座席が狭い、遅延や欠航になることが比較的多い、その際の代替えなどは自分で手配しなければならないなどいろいろなデメリットが指摘されています。
しかしそれらをしっかり理解・認識したうえで利用するなら、LCCは格安航空券を購入するよりもはるかに安く飛行機に乗る方法であるのは間違いありませんよ。

  ← 前の記事: