時期を見極めてお得に利用しよう

真っ直ぐ伸びる飛行機雲

時期を見極めてお得に利用しよう

昔と比較すると安く飛行機が利用できるようになったとはいえ、まだまだ運賃が高いと思っている人は少なくないかと思います。
ただ現在では購入方法によっては通常運賃よりも安く利用できますし、ちまたには格安航空券もたくさん売られています。
しかしこれらを利用するのに加えてあることを考慮すると、さらにお得に飛行機に乗ることができるのですよ。

航空券の料金は時期により異なる

その「あること」とは、利用する時期です。
実は航空券は料金が高い時期と安い時期があるので、高い時期を避け安い時期に利用するとかなりお得になるのです。
路線などによっては人気のシーズンなどがあるので多少違いはありますが、総体的には年末年始やゴールデンウィーク、お盆といった時期は利用者が増えるので料金は高く設定されている傾向が見られます。
ホテルや旅館などもこういった時期は通常よりも料金が高く設定されていることが多いものですが、航空券も同様と考えればいいでしょう。
したがって、これらの時期の利用を避けることで割高な支払いをせずに済みます。
さらに、金曜日以外の平日の便を利用する、昼から夕方の便を利用するといった点も割安な航空券を手に入れる方法のひとつです。

航空券の安い時期とは?

首をかしげている人
では、逆に航空券を安く手に入れることのできる時期とはいつなのでしょうか。
まずは、正月明けから2月が挙げられます。
年末年始休みが終わって学生の春期休暇が始まるまでが狙い目です。
3月になると大学生の卒業旅行シーズンとなって値段が上がってしまいます。

次は、4月上旬から中旬です。
大学生の卒業旅行も終わり、次の繁忙期であるゴールデンウイーク前までは客足が減るので安く航空券が購入できます。
また学生も社会人も新しい年度が始まるために旅行に行く余裕がありませんし、季節的にもおすすめの時期です。
3つ目が、ゴールデンウイーク明けから6月に掛けてです。
この間は連休がなく、さらに梅雨に入っていくのでこの時期に旅行に行く人は少ないので航空会社は運賃を下げてきます。
雨を気にしないならおすすめなのですが、北海道は梅雨がないために他の地域よりも航空券が高くなることがあります。
最後に、10月もおすすめです。
夏休みや9月の連休という旅行シーズンを終え、10月は出掛ける人が減るのでお得に航空券を手に入れることができます。
また気候もちょうどいいので狙い目といえるでしょう。

安く手に入れる方法を組み合わせる

格安航空券を手に入れたりLCCを利用したり、航空会社の提供する早期購入割引を使ったりするのに加えて、こういった出発時期を考慮することでさらにお安く飛行機旅行が可能となることを覚えておくといいですよ。

Similar Posts:

    None Found